sekibang 3.0

Nouvelle茶人、あるいは勉強家によるブログ

2017年11月に聴いた新譜

Bach Cello Suites Vol 2

Bach Cello Suites Vol 2

 

11月もクラシックを聴くことが多かった気がする。そのなかでもオーストラリアのギタリスト、スラヴァ・グリゴリアンによるバッハの無伴奏チェロ組曲はよく聴いた。無伴奏チェロ組曲のギター編曲版は珍しくないが、普通のギターとチェロとでは、音域が違うのでオリジナルとは違う調で演奏されている。グリゴリアンの演奏は、バリトン・ギターを使った、オリジナルの調での演奏。ギターによるバッハの無伴奏チェロ組曲のオリジナルの調での録音は彼が初めてらしい。

Bach, J.S.: Cello Suites Volum

Bach, J.S.: Cello Suites Volum

 

昨年出ている第1弾の録音とあわせて、これで全集が完成。

Schumann: Symphonies Nos 1

Schumann: Symphonies Nos 1

 

クラシックではマイケル・ティルソン・トーマスによるシューマン交響曲全集も良かった。

Windy / ユメノツヅキ(通常盤)

Windy / ユメノツヅキ(通常盤)

 

続けてR&B系ではCHEMISTRYの復活シングル。松尾潔のラジオで「ユメノツヅキ」は何度も聴いていたが、歌詞が再始動にふさわしい感じで素晴らしいな、と。歌謡曲R&Bとのあいだで輝く素晴らしい作品。7インチが来年出るらしいのでマストバイ的な気持ちが高まっている。

Audiology

Audiology

 
Glasshouse

Glasshouse

 

R&Bではこんなアルバムも聴いた。

Red Pill Blues

Red Pill Blues

 

Maroon 5の新譜も今様R&Bのエッセンスをえげつないほど取り込んでおり、これが売れなかったらどうするんだ、という感じであった。SZAやケンドリック・ラマーなど好きなアーティストもゲスト参加している。


Maroon 5 - What Lovers Do ft. SZA 

twicetagram

twicetagram

 

K-PopではTWICEを。これが1枚目のフルアルバムだったのか、意外すぎ。まだ日本語ヴァージョンを聴いていないのでまったくなにを歌っているのかわからないのだが、アルバムの1曲目「LIKEY」から「これ、Daft Punkの『Get Lucky』がモチーフなのか!?」とド直球を投げてくる感じで腰を抜かした。すげえ完成度。


TWICE "LIKEY" M/V 

GOOD VIBRATIONS

GOOD VIBRATIONS

 

キリンジ脱退後、本格始動の勢いがさらに増しているのか。堀込泰行といろんなアーティストとのコラボレーション曲を集めたEP。1曲目の「EYE」から、ダークな感じで、おお、こんなテイストの曲、これまであったっけと驚きつつ、素晴らしい内容で何度も繰り返し聴いた。うっかりしていてアナログを入手しそびれそうになったのだが、なんとか手に入れられそうで一安心。

AIの逃避行

AIの逃避行

 

KIRINJIのほうもシングルを発表しているが、これはあんまりピンとこなかった。

Vu Jà Dé (ヴジャデ)

Vu Jà Dé (ヴジャデ)

 
EVERYTHING IS GOOD

EVERYTHING IS GOOD

 

J-Popではこんなアルバムも。ノーナ・リーヴスの新譜、良かったなぁ。細野晴臣はアナログでのリリースないのかなぁ……。

リバップ

リバップ

 
リーチング・フォー・ケイローン

リーチング・フォー・ケイローン

  • アーティスト: BIGYUKI,ハヴィアー・スタークス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/11/01
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

ジャズの新譜は上記の2枚を。ナベサダ、元気だなぁ……と感心した一枚。ドラムがすげぇな、と思ってたらブライアン・ブレイドだし……。 

Avenida Atlantica

Avenida Atlantica

 

ブラジルの鬼才、ギンガの新譜もめちゃくちゃ良かった。弦楽四重奏との共演。ギンガの声とギターと弦楽四重奏が濃密に絡み合って「with stringsモノ」と一言で語れない作品に仕上がっている。これは菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラールのファンの方などにも受け入れられるのではないか。