sekibang 3.0

Nouvelle茶人、あるいは勉強家によるブログ

北村紗衣 『お砂糖とスパイスと爆発的な何か: 不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門』をご恵投いただきました

 

お砂糖とスパイスと爆発的な何か?不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門

お砂糖とスパイスと爆発的な何か?不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門

 

現在ブレイク中のシェイクスピア研究者・フェミニズム批評家である北村さんより新刊をご恵投いただきました(ありがとうございます!)。本書はWebニュースサイトでの連載が元になっているんですが、この連載開始にあたっては、わたしが編集者と北村さんのあいだをつなぐという役目を担っておりました。そんな縁もあって謝辞にも名前を載せていただいています*1

北村さんがブログに投稿している舞台評・映画評は依然から興味深く読ませていただいておりました。「こういう記事、ちゃんと金もらって書いたら良いのにな」と思っていたので、今回のアウトプットのプロセスに少しでも関わることができ個人的にも嬉しいところです。売れ行きも好調みたいですね!

saebou.hatenablog.com

*1:写真。 リンク先の2枚目