sekibang 3.0

文化的消費活動の日記

2024年2月5日、あるいはVVAS

5時過ぎに起きる。アラームを止めた後に二度寝をしてしまった。昨日の筋トレでダンベルフライをやった結果、背中にも筋肉痛がきた。背中の筋肉がまだまだ足りてないってことなのだろう。拮抗筋の力が少ないとそういうことが起きるらしい。もちろん胸にも筋肉痛がきてはいる。

Jogging

Jogging

  • Parinam Music
Amazon

今朝のラジオで流れていた。バンコクのバンドらしい。最初New Orderかと思った。かなりツボ。

ジム。背中。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mstk (@mk_sekibang)

午後はレコード聴きながら仕事。

夜、雪と雷の組み合わせ。記憶にない。外が真っ白に光るのと、雷の音が普通とまったく違って響くのが面白かった。

2024年2月4日、あるいはMSV

4時過ぎに起きる。朝ジムへ。胸、腕、腹筋。ペクトルフライのマシンが空いてなかったのでダンベルフライをやってみる。胸に効いてる感じが強い。雨で歩けない分、トレッドミルで歩きもする。

朝食後、「ZZ」を観る。25話。地球のジオンの残党がでてくる。砂漠用のザクやドム。MSVを出していこう、というおもちゃメーカー的な意図が見える。ロンメルが何のために8年も潜伏していたのかもよくわからない。思いが伝わらない。

午前中にパスポートをとりにいく。古本市をやっていて色々本を買う。欲しかったものがたまたま買えて良かった。

昼はサイゼ。

帰宅後、3月の旅行の手配をする。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mstk (@mk_sekibang)

夕方に昨日買ったレコードを聴く。前に届いた坂口恭平のレゾネを眺めつつ。

夜は早めに風呂に入り、「光る君へ」。

2024年2月3日、あるいはもう持ってた

日付変更後に帰宅。電車で吐いている人を目撃したがN95マスクのおかげか無臭。7時半まで寝る。

Hとお昼ご飯を作るように言われたので午前中に買い物。カレーを作る。

昼食後、自転車でレコード屋へ。今度人にあげるレコードなどを買う。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mstk (@mk_sekibang)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mstk (@mk_sekibang)

帰宅して買ったレコードを聴く。渡辺貞夫のレコードはもう1枚持ってた!

今日からこの本で寝かしつけ。有名な「したきりすずめ」から収録されているのだが、すずめを探すじいさんが人から道を聞くのに、馬や牛の小便を大量に飲まされる、という謎すぎるくだりがありHとともに驚く。

2024年2月2日、あるいは「キツくないですか」

6時に近くまで寝る。ちょっと寝坊。

ジム、背中。

午後に髪を切る。見てた雑誌に住んでる周辺の出身の若い女性が載っていた。有名ミュージシャンとの不倫を噂されていた女。その流れで「50過ぎてて20代の女と付き合ってる男ってどんなにカッコ良くてもキツくないですか」みたいな話で盛り上がる。

夜はまたも会食。六本木。大いに盛り上がる。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mstk (@mk_sekibang)

会食前にサントリー美術館

2024年2月1日、あるいは馬鹿馬鹿しさ

4時に起きる。NBCを見てたら、Apple Vision Proのニュースが流れていた。ゴーグルをつけた記者がキッチンに立つと視野にキッチンアラームがフロートしている。記者が「ワーオ」と驚く。馬鹿馬鹿しさがある。

昨日の流れで安田成美のデビュー・アルバムを聴きながら出勤。1曲目が「風の谷のナウシカ」なのだが、アルバムは高橋幸宏がプロデュースしている。めちゃくちゃ高橋幸宏色が濃い内容。それにしてもこの歌の素晴らしさ。技術的な巧みさはまったくないのだが声が良すぎる。矢野顕子を何度もアク抜きしたような。

ランチミーティングで寿司。めちゃくちゃ美味かった。

新橋 天鮨
〒105-0004 東京都港区新橋2-10-1 庄屋ビル4F
8,000円(平均)3,000円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp

夜もまたミーティング。帰りに夕飯を食べようと思ったが目当ての店がことごとく閉まっており、家で適当なものを食べた。

2024年1月31日、あるいはジャイアン

5時ごろ起きる。

今朝もショパンノクターンを聴きながら仕事をはじめる。これももう20年前の録音。ずっと「ショパン = わからない作曲家」ではあるのだが、聴いていて気持ち良くはある。

先日進捗があったプロジェクについて質問がきていたので英語で打ち返し。DeepLとDeepL Writeのパワーでなんとかやっているが、ミーティングを求められたらどうしようかと思う。

昼に散歩。公園で腹筋。オレンジ色に黒い稲妻状の横線がはいったスウェットの男性を見かけ「うわ、ジャイアンみたい、ってか、この人、ジャイアンになってることに気づいてないのか!?」と心が乱れたが、背中にちゃんとジャイアンの顔が描いてあったので安心した。

歩きながらアリス=紗良・オットベートーヴェンを聴く。オケもソロも素晴らしいんじゃないか。

今日もあっという間に夜。

安田成美の「風の谷のナウシカ」の新ヴァージョンを聴いていたら(80年代的な音色で音のデカさが今様ですごい)、この楽曲の変!と感じるところが気になって分析動画見ていた。

2024年1月30日、あるいは結局CDが便利

5時過ぎまで寝た。

こないだのポゴレリチからショパンを聴きたい気持ちだったので朝からアファナシエフノクターンを聴く。ノクターンのCDはこれしかなかった。思うにクラシックを聴くときはまだ「アルバム」という単位が有効だし、CDやLPという物理的なメディアを利用して聴くのが一番楽だ。現存の楽曲検索システムと聴取スタイルを鑑みると、クラシックの鑑賞に最適なものはまだ登場していない。先日Appleがクラシック専用の音楽アプリをリリースしていたが、楽曲単位での検索は便利になったものの満足がいくものではない。たとえばショパンノクターンを聴きたい場合、「ノクターンのN番が聴きたい」と個別楽曲まで聴きたいものが定まっていれば良いのだが、「ノクターンを聴きたい」という願望は、多くの場合、だれかのアルバム単位で聴きたい、という形式をとることが多い。このアルバムでのアクセスがサブスクでは異様に難しい。権利関係の問題もあるのだろうが、同じ楽曲が別なアルバムとしてまとめられていたりややこしい。ちまちまとスマートフォンやPCで探すよりもずっと棚に入っているCDを探したほうが願望を満たすまでの速度がでる。自分がもっていないアルバムでなにかいい演奏がないか探索する場合サブスクは便利なのだが。

そんな気持ちに乗ってポゴレリチのボックスを注文してしまった。

昼にジム、胸、腕。時間なく腹筋をする余裕なし。

あっという間に夜。