sekibang 3.0

Nouvelle茶人、あるいは勉強家によるブログ

2021年7月9日、あるいは65000字

6時過ぎ。筋トレ、背中、腹筋。昨日の自転車のおかげで普段とは違うところに疲労を感じる。

 食品まつりの新譜を聴きながら仕事。こういう偽エスノ・ミュージックみたいな人、めっちゃ好きだなぁ。オオルタイチ的な感じ。アナログを注文した。

 ついでにゴダールの『アルファヴィル』のBDも。気づいたらゴダールAmazonのレンタルで観れる作品が増えてきているので積極的に観ていきたい。

JAM & LEWIS, VOLUME ONE

JAM & LEWIS, VOLUME ONE

  • アーティスト:JAM & LEWIS
  • ADA/BMG RIGHTS MANAGEMENT
Amazon

 90年代に一斉を風靡したプロデューサー・ユニット、ジャム & ルイス名義による初のアルバム。かなり前評判も良く、先行で出ていたシングルも素晴らしかったが、アルバムは冒頭から密度がすごすぎ。良すぎて震えた。参加ミュージシャンもすごい。メアリー・J・ブライジBoyz II Menマライア・キャリートニ・ブラクストン、チャーリー・ウィルソン、ベイビーフェイス、アッシャー、モリス・デイ(!)とドリームチームみたい。やはり歌手に対しての曲の当て方が素晴らしいんじゃないか。とくにマライア! 絶唱とも言うべきパフォーマンスに感動。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mstk (@mk_sekibang)

遠くまでチャリで行き昼飯。運動とランチを兼ねて、って感じだが、自転車よりもランのほうが消費カロリーの効率は大きいからアレだなぁ。行き帰りで結局12kmぐらい走る。

夕食とともに糖質ゼロビール、泡盛

ストレッチ、風呂。

小説は第1稿が仕上がる。65000字。ここからWordに移して見直す。Evernoteで書いていたが、書式情報がWordに移した際にややこしくなった。最初からWordで良かったかも。めんどくせえが細部を書き直しながら作業。