sekibang 3.0

Nouvelle茶人、あるいは勉強家によるブログ

2021年12月8日、あるいはeチケット

6時に起きる。筋トレ、背中、上腕三頭筋

来月帰省をするのに新幹線のチケットを予約。年に数回しか利用しないシステムなので毎回てこずる。しかし今回eチケット(ICカードに新幹線チケットを登録するサービス)を使うとめちゃくちゃ割引が効くことに気づいて試してみた。チケットの発券もいらなくなるようなので便利。

Nightly Newsを見てから仕事。難しくてよくわかんなかった。特集ニュースはドローン兵器について。

雨なのでランニングせず。代わりに昼食調達を兼ねた長めの散歩。

f:id:Geheimagent:20211208132030j:image

こないだ出会った衝撃のカレー弁当にメンチカツ。しかし、持ち歩きが長かったせいか、メンチの衣がふんわりしてしまい、ってかそもそもカレーにはやっぱりメンチじゃなくヒレカツだな、って感じだった。

気絶。

GET UP WITH IT

GET UP WITH IT

Amazon

こないだから時間を見つけてGet Up With Itを聴いている。昨晩も聴いていた。2枚組で長すぎて、いろいろ気散じがあると全然聴き通せないのだが(Amazonの購入履歴によれば2014年にCDを買っていたらしい)、ようやく1周した。Wikipediaのページを見ていて、このアルバムのキーボードのほとんどをマイルス自身が弾いていることに気づいた。Calypso Frelimoの間抜けな感じのするメロディもマイルスが弾いていたのか……! と驚愕した。たしかに非キーボーディストらしい演奏っていうか、いや、そもそも全体的にビャービャー鳴らしてるだけ、って感じなのだが……。Rated Xだけはめちゃくちゃ好きだが……。いや、やっぱ改めてすごいよね、って思う。帝王、マイルス・デイヴィス。帝王がゆえにいまだにこんなよくわからないアルバムも堂々と売り出されている……と。『日本国記』以上の問題作だろう。Billy Prestonって曲にビリー・プレストンが参加してない、とか(しかも、調べたらとくに共演歴があるわけでもないらしい)。やっぱり、マイルスが一番スゴい、って感じだ。

昨晩Rated Xを聴いていてこのオルガンのビャービャー言ってる感じは、ひょっとしてスペクトル楽派の音楽となにかつながりがあるのでは、という着想があり(結果、なんの関係もなかったのだが。音楽的にも全然ちがう)、Apple Musicを検索していたら、トリスタン・ミュライユがオンド・マルトノ奏者として参加しているメシアンの《トゥーランガリラ》がでてきた。この曲は、高校時代から聴きまくっていて、自分にとってはチャイコフスキーのシンフォニーぐらい「昔、めちゃくちゃ聴いたからもう良いや」って感じの曲になっちゃっているので、めちゃくちゃ久しぶりに聴いた。何種類持ってるんだろう、録音は。それも定かではないが、この録音はピアノ独奏のポール・クロスリーも良いし、オンド・マルトノの音が際立っていて素晴らしい。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mstk (@mk_sekibang)

夕方、早めに飲みはじめる。日本のナチュラル・ワイン、これをちょっと今後のテーマにしようかな、と思うのだが、だれも知らない秘湯を探すような趣きだと思う。

泡盛ソーダ。2、3日飲まないだけでいつもの泡盛ソーダが新鮮に飲める。素晴らしいことだ。

ストレッチ。今日はあまり運動量が取れなかったのでスクワットなども入れてみる。足がガクガクになるぐらいやる。その後、風呂。