sekibang 3.0

Nouvelle茶人、あるいは勉強家によるブログ

土井善晴 『土井善晴の素材のレシピ』

 

土井善晴の素材のレシピ

土井善晴の素材のレシピ

 

人気の料理研究家、というよりかは近年は料理の思想家*1に近い活躍をされている土井善晴先生の最新レシピ本。元になっているのはテレビ朝日系列で放送されている「おかずのクッキング」と同名のテキストで紹介されたレシピ*2

既刊のレシピ本と重複があるものの「レシピ本は道具だ」という本書の帯にあるコピーをそのまま受け取れば、書きぶりが変われば、内容が同じでも違う道具になりうるのがレシピ本の面白いところだと言える。

素材ごとに見開きで4種類ずつの料理が紹介され、ページの右上にはその素材の旬がいつなのか記号で示されている。料理はどれもがシンプル。写真をみてもそのシンプルさが伝わってくる。『おいしいもののまわり』*3の一節が思い出される。

この頃は素材の大切さを物語ることが少なくなったように思う。素材そのものの話よりも、「どうやってつくるの?」という話ばかり。気がつけば、私たちは自然からずいぶん離れてしまっているのかもしれない。

大変ポップな作りの本だが、このポリシーはしっかりと貫かれている。簡単は手抜きじゃない。またもや帯の繰り返しだが、素材からはじめること、そして、素材をいかにいじらずに食べるか。今度は『一汁一菜でよいという提案』から引いてみよう。

見た目を良くしようと意識して手数を増やせば、素材はまずくなります。それは、場違いなひと手間です。毎日の料理は食材に手を掛けないで、素材をそのままいただけばよいのです。

関連エントリー

sekibang.blogspot.com

sekibang.blogspot.com

sekibang.blogspot.com

*1:……という強い語感は似合わないか

*2:なお、当番組はもともと土井先生の父である土井勝がメインキャストをつとめていた

*3:この本も「おかずのクッキング」に連載されたエッセイをまとめたものだ

三浦哲哉 『食べたくなる本』

 

食べたくなる本

食べたくなる本

 

料理好き・料理本好きの映画研究者による「料理本批評」。わたしも「料理をしないシェフ」を自称するぐらいに料理本が好きなので「こういうものをいつか書きたかったのかもしれない」と思ったし、すでに我が家の本棚にある書籍もいくつかあるなかで、本書で複数回言及されている(本書の主人公のひとりと言っても良い)丸元淑生の著作には新しく興味を開拓されてしまった。『食べたくなる本』は「読みたくなる本」でもある。

著者の映画研究者としての仕事は知らない。映画好きに「どういう人なの?」と訊ねたところ、BBCのサイトで公開されている「最高の外国語映画(ここではつまり英語以外の映画)100」の投票結果を教えてもらった。著者はこの投票にも参加していて、友人曰く「これを見ると、どんな趣味かわかるよ」とのこと。

www.bbc.com

Tetsuya Miura – Aoyama Gakuin University (Japan)    
1.    Gertrud (Carl Theodor Dreyer, 1964)
2.    L’Argent (Robert Bresson, 1983)
3.    Goodbye, South, Goodbye (Hou Hsiao-hsien, 1996)
4.    A Story from Chikamatsu (Kenji Mizoguchi, 1954)
5.    Late Spring (Yasujirô Ozu, 1949)
6.    Breathless (Jean-Luc Godard, 1960)
7.    Taste of Cherry (Abbas Kiarostami, 1997)
8.    Typhoon Club (Shinji Sômai, 1985)
9.    Cure (Kiyoshi Kurosawa, 1997)
10.  Happy Hour (Ryûsuke Hamaguchi, 2015)

 印象というか感想なのだけれども蓮實重彦から直接教育された世代によって再生産された蓮實重彦の影響を感じる趣味」というか。本書でも「蓮實重彦の本で出会ったたけれど、いまだ見れていない映画監督の名前」がいくつも登場する。映画批評らしいなぁ、と思うのは、食べ物を目の前にして、それを口に含み、飲み下す、その一連の動的な流れを文章に落とし込むときの筆致。まるで映像を文章に変換するとき、そのものであって、ここに映画批評家として筋力を感じるのだった。個人的にはサンドイッチを食べる文章に惹かれて、その翌日、思わず朝食にサンドイッチを作ってしまったほどだ。

https://www.instagram.com/p/BvPwE5IH5Ov/

#料理をしないシェフ 今読んでいる『食べたくなる本』にサンドイッチについて書かれていたので、今朝は冷蔵庫にあったベーコンとレタスでサンドイッチを作った。シンプルだが旨い。

著者は福島県出身であり、Twitterで共感を表明していた千葉雅也(栃木県出身)と同様に共感する部分が多々あった(著者が郡山市出身、わたしは福島市出身という違いはあれど)。とくに心打たれたのはステーキ宮というステーキレストランチェーンの名称で、その文字列が目に入った瞬間に福島市内の国道4号線上にあった店舗(母が勤めている会社の事務所の近くにあった)の風景がフラッシュバックした。たぶんわたしは一度しか行ったことがないのだが、なぜか強烈に覚えている。

www.google.com

調べたところによるとこのステーキ宮は本社が栃木県にある企業によって運営されている。戯れに「ステーキ宮 国道4号線」というキーワードでGoogle Mapを検索したところ、東京都から青森県まで繋がるこの長い道路上に寄生するかのようにステーキ宮が点在していることがわかり感動した。

地方の国道沿いの風景の平準化(どこにいっても似たような店が並んでいる)が批判的なトーンで語られることがあるが、その平準化された風景は、地方在住者にとっては固有のものであり、思い出たりうる。そして、著者とわたしのステーキ宮の思い出が4号線上で(おそらく高い確率で)つながるように、それぞれ違ったステーキ宮の風景がだれかと共有されることに強いロマンを感じさせる。同じ店の思い出を共有しているのではなく、違う店の思い出が共有されることが重要なのだ。

また、本書の魅力のひとつをなしているのは、著者の立ち位置だとも思う。高級なもの、手の混んだものも好きだけれど、ジャンクなものも好き、という「どちらでもある」という態度。たとえば、その日の朝に水揚げされたばかりの文字通りの鮮魚をさばいて料理することもある一方で、プリングルスサワークリームオニオンの魔術的な旨さに触れる。

この感覚、あえて今っぽい言葉で言うなら、わかりみが深い。どちらでもあるからこそ、極端な方向に振れない。ゆえに可能となる冷静な分析と適切なツッコミ。本書の最後に位置する放射能と食について書かれた文章においてもその態度が貫かれていて、いまの気分にあっている。

マルセル・プルースト 『失われた時を求めて 第4篇 ソドムとゴモラ』

 

失われた時を求めて〈7〉第四篇 ソドムとゴモラ〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

失われた時を求めて〈7〉第四篇 ソドムとゴモラ〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

 
失われた時を求めて 8 第四篇 ソドムとゴモラ 2 (集英社文庫)

失われた時を求めて 8 第四篇 ソドムとゴモラ 2 (集英社文庫)

 

この長い小説もようやく折り返し。1年で全部読めてしまうかな、と高をくくっていたのだが2年がかりになりそうだ。プルーストの生前に出版されたのはこの第4篇までであり、あとは死後出版となる。『失われた時を求めて』の核心部のひとつである同性愛の主題は、これまでも折に触れて姿を表していたが、ここで本格的に表立ってくる。

強烈なキャラクターであり、社交界のグダグダした記述から何度も読者を救ってくれるであろう(私はこの人がいなかったらこの小説を読み抜けられない、と思う)シャルリュス男爵は冒頭から大活躍。語り手の目にこれまでの不可解なものとして映ってきたシャルリュスの行動が「なるほど、そういうことだったのね……」と腹落ちするシーンがある。ネタバレになってしまうが、シャルリュスが男をナンパして(相手は語り手が住んでる屋敷にいるジュピヤンというチョッキ縫いの職人。これもなかなかの良いキャラ)「行為」を済ませてしまうところの一部始終をのぞき見てしまうのである。目撃されている2人の様子が大仰な比喩によってものすごい濃度で記述されるのはこの巻の読みどころのひとつであろう。

「ソドムとゴモラ」の1/3ぐらいはシャルリュスの話で費やされている印象がある。第4篇を、2つに分割すると前半は、ゲルマント大公夫人のパーティー、後半は第2篇の後半の舞台であるバルベックが2度目の舞台となる。後半でもシャルリュスは大活躍し、今度はモレルというヴァイオリン弾きを恋人にしようとしてアレコレし、終いには決闘騒ぎまで起こしてしまう。これを老人性の癇癪とするのか、はたまた純な恋愛感情とするのか判断はわかれるところだが、前半でのシャルリュスの扱いは「語り手はシャルリュスが同性愛者だと知っているが、周りは知らない」という立場であるのに対して、後半は「あの人はコッチの人だよね……?」と薄々感づかれている。ここにも社交界での位置づけの変化、評価の変動が現れていると言えるだろう。

シャルリュスが「ソドム」を担うキャラクターだとしたら、「ゴモラ」は……ここで登場するのがアルベルチーヌである。第2篇で初めて登場した彼女は、第3篇でも登場していた。そこでの彼女は語り手と肉体関係を持つのだが「一度モノにしてしまうと途端に熱が冷めてしまう」という語り手の悪い部分が出てしまい、雑に扱われるセフレみたいな酷い立場に甘んじている。第4篇(舞台はバルベックに移っている)でも当初はそういう可哀想な役どころなのだが、ちょっと様子が違う。時折語り手に冷たいし、影でコソコソやっているみたいである。

「そりゃあ、語り手に雑に扱われているんだから浮気ぐらい……」と思うのだが、その相手が「男性じゃなくて女性なんじゃないか……?」という疑惑が語り手の胸に去来してからがもう大変。嫉妬の嵐が吹き荒れ、アルベルチーヌへの情熱が再燃する、という「人としてどうなんですか、それは」という恋愛模様が描かれる。完全にプリンスの名曲「Bambi」の世界だな、と。

ちなみに「アルベルチーヌがレズビアンバイセクシュアルなんじゃないか」という疑惑は、第4篇の最後に「おーい! ココとソコ繋がるんかーい!」という伏線の回収につながっており、大きな読みどころを作るのだから侮れない。そして、次の話まで読者の気持ちをつなげるフックにもなる。こういうところに節目節目でちゃんと読む気にさせてくれるプルーストの上手さあるのかなぁ。基本はダラダラしているのだが……。

関連エントリー 

sekibang.hatenadiary.com

sekibang.hatenadiary.com

sekibang.hatenadiary.com

 

 

「ラティーナ 2019年3月号: ZZK以降のエレクトリック・フォルクローレ」

https://www.instagram.com/p/BvEa88BjEU7/

就寝時間の息子に別れを告げて映画館へ。待ち時間に買って読む暇なく放置してた『LATINA』を読み始めた。「ZZK以降のエレクトリック・フォルクローレ」という第1特集のタイトルはほとんど意味不明なのだが(固有名・テクニカルタームを知らないから)、Apple Musicを駆使しながら読み始めた瞬間に衝撃を受けまくってしまい、なかなか読み進まない。南米は魔境。

ラティーナ2019年3月号

ラティーナ2019年3月号

 

「ZZK以降のエレクトリック・フォルクローレというテクニカル・タームがわからない人にはまったく伝わらない第一特集から充実の内容で、わたしのApple Musicのライブラリへと一気に新しい音源が追加されていった。南米はマジで魔境だなあ、と思うし、最近のメジャーな洋楽を聴いていると、スタイルの固定化、要するに流行のサウンド(トラップであったり、ジャズと接近したヒップ・ホップ / R&Bであったり、90年代R&B風であったり)に食傷気味になり、結果として、耳に心地良いし、邪魔にならずにオシャレであるイスラエル出身のジャズ・ミュージシャンの音楽ばかり聴く……みたいなところに落ちつきつつあったわたしの耳に地殻変動が起きる、そういう特集である。地球の反対側では多様で聴いたことがない音楽が生まれているんだな……と感激した。

第二特集の「新しいダンス・ミュージック」も良かった。とくにブラジル出身のドラァグ・クイーン、パブロ・ヴィタールへのインタヴューは、クィアなカルチャーが表に出るイメージがあまりない*1ブラジル音楽の新しい動きを感じさせてくれる。


Pabllo Vittar - Seu Crime (Áudio Oficial)

*1:ヴィタールもインタヴューのなかでブラジルを「世界で同性愛者を最も多く殺しているこの国」と言っている

肩の故障で腕があがらなくなったのでサポーターを買ったんだ日記

https://www.instagram.com/p/Bu0xoBRDnXV/

子供を公園に連れて行った際、戯れに雲梯(うんてい)で懸垂をやってみたのが原因だったのかもしれない。それから肩に違和感を感じるようになり、夕方には「あ、右腕があがらない」という異変が起きていた。写真は、その気付きの様子。腕を体の前から上げるのはできたのだが、横からあげようとすると、力がまったく入らず、これ以上には上がらなかった。無理にあげようとすると痛みがあり、不意の右腕の動作でも顔がゆがむほどの激痛が走る。スーツのジャケットを着るのにも難儀する。

www.joa.or.jp

インターネットで調べたところによれば、肩の腱が切れている可能性もあるというので病院に駆け込んだ……のだが、診察してくれた医師によれば「レントゲンをとっても異常がない。腱も大丈夫そう。安静にしていればたぶん良くなると思う」と。それで、なんの処置もなく返されたのだった。

……が、肩の痛みが全然治らないしツラいのでサポーターを買ってみた。

2000円もしないで買えた。ラーメンマンみたい。 

https://www.instagram.com/p/Bu85vsQjI_2/

装着した様子。肩の可動域が制限され、痛みが起こる動作がほぼ起きなくなった。

https://www.instagram.com/p/Bu-SnwjjC47/

「サポーターをしたまま、スーツを着れるかな?」というのが心配だったが、これも特に問題なし(写真はオーダーシャツでジャストなサイズのものを着ている)。ジャケットを着る動作でも痛みが生じず良い感じだ……。

手挽きのコーヒーミルを導入した日記

子供を寝かしつけしているとそのまま自分も朝まで眠ってしまう率があまりに高いゆえに5時前に起きる朝方習慣に切り替えてしばらく経つ。早起きして、筋トレしたり、息子の朝食を用意したり、とそういう過ごし方をしている。あとは、コーヒーを飲みながら本を読む。これが早起きの主な目的、とも言える。

Kalita 電動コーヒーミル CM-50 (ブラック)

Kalita 電動コーヒーミル CM-50 (ブラック)

 

コーヒーについてずっとKalitaのプロペラ刃の電動ミル(安い)を使っていたのだが、最近コーヒーの好みが変わって、中挽きで飲むことが多くなってから、というもの、これだと全然均等に豆が挽けないのが気になってきた(細挽きだとまったく気にならないのだが)。

で、購入したのがHARIOの手挽きミル。これも2000円代で大変手頃な製品だが、何回か使ってみて、これは結構良いな、と。たしかに電動より手間ではある。力は特段必要ないけれど、電動だと2杯分を10秒ぐらいで挽き終わるのが、少なくとも1分ぐらいはかかっている。けれども「豆を均等に挽きたい」という導入目的は完全に達成された。水洗いができるのも良い。

挽き具合の調整については、目盛りとか数字で表現されるようなものがないので、安い豆などを何度か挽いてみて「自分の好みはコレだ」といい塩梅になるところを見つけると良いと思う。挽いた豆を粉受けに入れたままフタをして保存することもできるのだが、これは別にいらない(飲むたびに挽かないとミルを持っている意味がないのでは……)。

『伊丹十三選集 第3巻: 日々是十三』

 

日々是十三

日々是十三

 

選集の最後の巻。ここまで「この選集は……うーん」とネガティヴ評価を続けてきたけれども、この巻に収録されている文章はやや印象に残りにくい、なんというか地味な文章が揃っている感じがして再読しがいがあった。『快の打ち出の小槌』(絶版。精神分析学者、佐々木孝次との対談)は初めて読んだ。フロイトラカンレヴィ=ストロース伊丹十三が言及しているところに、どんだけこの人は進んでいたのか、と驚愕するとともに、巻末の池内万平(伊丹十三の次男)の解説も「新たな伊丹十三像」の一片を提供してくれる。

関連エントリー 

sekibang.hatenadiary.com

sekibang.hatenadiary.com