sekibang 3.0

Nouvelle茶人、あるいは勉強家によるブログ

2021年6月2日、あるいはフレームを彫り出していく

 起床

6時半。二度寝してかなりややこしい夢を見ていた。

筋トレ、胸、上腕二頭筋、腹筋。

幼稚園へ。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by mstk (@mk_sekibang)

5km。走りながらずっと書きはじめた小説(だと思う)について考えていた。仮タイトルがきまった。大体、大筋というか「こういうものになりそうだ」という枠組みが決まった感じがするので、そのフレームにしたがって書いてみることにする。はやく第一稿を完成させて、信頼している読み手から感想をもらってみたい。

 宇多田ヒカル / PINK BLOOD

 新曲。今回は素直に今様な低音がガツッと出たトラックだが、ヴィブラートが強めに効いたエレピの音色や空間構成はCorneliusのようでもある。そして歌詞が大坂なおみのことを歌っているかのように聞こえる。シンクロニシティだ。

夕方、幼稚園へ。

帰宅して糖質ゼロビール。

夕食はエリックサウスのお取り寄せのカレーを出してもらう。また大汗をかくが家なので気楽だ。ハイボールを飲みつついただく。

今日は横浜の開港記念日だそうで花火があがっていた。家からもほんの少し見えた。

ストレッチ。風呂。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by mstk (@mk_sekibang)

金継ぎ作業の最後の工程。磨きをちゃちゃっとやる。しかし、力の加減をあやまったのか、あるいは素材がガラスだからなのか、銀粉が少し剥がれる。ひとまずは、この荒々しい感じで完成ということにする。やはりガラスは難しいのかも。また週末新たな皿の修復に入りたい。

読書と並行して小説を書く準備作業。

永遠の仮眠

永遠の仮眠

Amazon

 途中でドライヴがかかったように面白くなってくる。