sekibang 3.0

Nouvelle茶人、あるいは勉強家によるブログ

柳井正 『成功は一日で捨て去れ』

成功は一日で捨て去れ (新潮文庫)

成功は一日で捨て去れ (新潮文庫)

 

ユニクロの創業者による著作。『一勝九敗』は2003年までの振り返りだったが、本書は2004年から2009年までの振り返り(文庫化にあたって2012年までの年始挨拶メール*1を収録している)。フリースによる大ブレイク以降の話であって「安いけど、やっぱちょっとダサいよね」のユニクロから「ユニクロってなんかもう普通にオシャレだよね(そんなに安くも感じないし*2)」という感じへの移行途中までを追っている。ユニクロのスキニージーンズやブラトップ、ヒートテックといった新商品がどのようにして生まれたかなどの話は、個人的にも懐かしい感じであって「平成の国民服」が生まれたプロセスはまさにこの時期にあったんじゃないか、と思う。

本書のエッセンスはタイトルどおりであって、とにかく「成功なんか早く捨てて、新しいことをやらないとダメ。常に改善していかないと会社は潰れる。安定経営なんかありえない」という話を繰り返ししており、「世間様では成功してると評価されているけど、ウチの会社はココが全然ダメ!」と世の中に向けてダメ出しを全開にしている。著者のため息レベルの上がり方は『一勝九敗』以上とも言える。

関連記事 

sekibang.hatenadiary.com

 

*1:著者が全社員に向けて送る恒例行事

*2:この感覚は一般庶民の生活が苦しくなってることの反映でもあると思う