sekibang 3.0

Nouvelle茶人、あるいは勉強家によるブログ

2021年1月9日、あるいはファミリー天狗

起床

寝る前に昔「(小説家の)朝井リョウに似てる。喋り方までめちゃくちゃ同じ」と本人に取材したことがある人から言われたのを思い出してYouTubeで確認した。たしかに似ているかも。こういう話の運び方するな、って。8時ぐらいまで寝た。起きてすぐサンシャイン・ウィークエンド。新春特集で沖縄民謡とジャズを組み合わせたような人がライヴをしていた。

朝食。その後、Hの上履きを洗う。さらに筋トレ。下半身。

昨晩思いついていたウルトラマンZの変身グッズであるZライザーを制作。

f:id:Geheimagent:20210109104244j:image

f:id:Geheimagent:20210109104305j:image

f:id:Geheimagent:20210109104317j:image

f:id:Geheimagent:20210109104249j:image

メダルをはめたりパーツが可動するように作った。

ウルトラマンZ DXウルトラマンゼット最強なりきりセット

ウルトラマンZ DXウルトラマンゼット最強なりきりセット

  • 発売日: 2020/06/20
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

ホンモノはめちゃくちゃ高い(8000円近くする)。以前にオモチャ屋でディスプレイされているのをみたが、作りがやっぱりちゃんとしててプラスティックも良い感じ。メダルとカードを集めて効果音が変わる、という課金システムも組み込まれている。今の子供向けおもちゃの罪づくりなところだ。

掃除機をかけてから昼食を買いに外へ。マクドナルド。3日連続になった。

仕事PCが入れ替わり、もう一枚ディスプレイが欲しくなってきたのでiPadをディスプレイとして活用できるようセッティングしようとしたが、iPadとPCが有線で繋げない設定になっている。Wi-Fiでの接続も難しく諦めた。

机の上を見ているとUSBケーブルも黒で統一したい気持ちになってくるなぁ……。

f:id:Geheimagent:20210109132117j:image

iPadも黒にしたい。

Hを散髪に連れて行く。同じ店で4回目ぐらいだが、もう緊張しなくなってハサミを嫌がる余裕ができてしまい大変そうだった。最後までキレイにするのは諦めてもらう。

シフォンケーキを買って帰りおやつ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mstk (@mk_sekibang)

PayPayフリマで買ったテープが届いたので聴く。3巻から聴いていくと、途中でテープがビロビロになり、内部に絡まって大変なことになった。あわやカセットデッキごと粗大ゴミかと思ったがなんとか修理。その修理の過程でカセットデッキから30年モノと思われるホコリが大量にでてきて驚愕した。一本カセットテープはダメにしてしまった(1曲目が「Ruby Baby」でかなり良かったのだが)のが残念。しかし、子供の頃から機械を分解して遊んでた成果がこういうときに活きている気がするなぁ。

夕飯はAが駐車場がある天狗があると教えてくれたので天狗。何気に初めて家族で天狗だったが、新たな発見としては、さつま揚げが異常な美味さだった。玉ねぎなどの野菜が練り込まれているのだが出来合いのものとはレベルが二段階ほど違う。株主優待券を使い切る。しかし、意味不明なほどのメニューの多彩さだ。自分が経営陣ならまずメニューの絞り込みをすると思うが、他の客席を見るとみんな思い思いに好きなものを頼んでいる。そこが良いのだろう。

帰宅して洗濯物のを片付けをしていたら色々気になってきて洗濯機(日立)の手入れをはじめる。

f:id:Geheimagent:20210109201013j:image

説明書をよく見たら、しまってあった謎のアイテムの使い道がようやくわかる。掃除機にこのアイテムをつけることによって攻められる部位があり、そこからかるく拳一個分ぐらいのゴミがでてきた。おそろしい。今日はホコリやゴミに縁がある。

風呂。タオルギャザー、交互浴。風呂上がりにストレッチ。

寝かしつけ。最近Hのオルターエゴなのか「福島太郎」という人物の話をよく聞く。顔がガンダムで足がマスクになっていて、いろんな歌が上手いらしい。昼寝をしなかったので今日は即寝だった。

起き出して映画。宍戸錠主演の『拳銃(コルト)は俺のパスポート』を観る。

野村孝 『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

拳銃は俺のパスポート

拳銃は俺のパスポート

  • 発売日: 2015/09/21
  • メディア: Prime Video
 

 すごい映画。冒頭からモリコーネを完全にパクッたメインテーマが鳴り響きただならぬ雰囲気を醸し出している1967年作。車、スーツ、銃、時計(ヴァシュロン・コンスタンタンとロレックスが大写しになる。なお、ヴァシュロンは宍戸錠の私物だったらしい)など男要素満載で、とにかく宍戸錠の佇まいで魅せていく、もはやそれだけとも言っていい痛快なノワール・アクション。まず「拳銃」と書いて「コルト」と読ませる無茶苦茶なタイトルでありながら、宍戸錠はコルトを使ってない(劇中ではベレッタを使っている)、さらには拳銃よりもライフルやショットガンのほうが活躍している……というところがややこしくて最高だ。衣装は、宍戸錠よりもジェリー藤尾のほうが好みだった(丸襟っぽいタブカラーでオシャレ)。